平成30年度第3回理事会を開催いたしました。

(平成30年10月25日)

平成30年度活動状況報告並びに今後の活動について議論されました。



兵庫県瀬戸内海のり、わかめ養殖が始まりました。
養殖場に注意してください。




詳細はこちら
兵庫県水産課ホームページ

西宮花火大会2018開催にともなう船舶航泊禁止のお知らせ

平成30年9月15(土)19:00〜20:00

平成30年11月11日(日)に延期されました。

西宮花火大会2018が行われるため航泊が禁止されます。





洲本港大浜海岸前面海域船舶航泊禁止のお知らせ

平成30年8月5(日)19:30〜20:45

第71回淡路島まつり花火大会が行われるため航泊が禁止されます。
詳細は下記をクリックしてご覧になって下さい

2018 淡路島花火大会航泊禁止 PDF


第48回みなとこうべ海上花火大会船舶航泊禁止のお知らせ

平成30年8月4日(土)19:00〜20:30

詳細は下記をクリックしてご覧になって下さい。

2018 花火大会航泊禁止 PDF


大雨に伴う海上浮遊物に注意!

大雨等の影響により、海上には船舶交通の支障となる漂流物の存在する恐れがあります。

航行には充分注意して下さい。


海の事故ゼロキャンペーン

2018年7月16日〜31日実施

 重点事項1:小型船舶の海難防止
 重点事項2:見張りの徹底及び船舶間コミニュケーションの促進
 重点事項3:ライフジャケットの常時着用等自己救命策の確保

 

高知にて海上安全指導を行いました

2018年6月6日 高知市・土佐市・須崎市の17ヶ所を陸上訪問し、海上安全指導を行いました。

  






徳島にて海上安全パトロールを行いました

2018年5月27日 徳島港沖にて海上安全パトロールを行いました。
訪船指導を行い、ライフジャケットの着用、発航前点検の実施等をお願いしました。

 




平成30年度通常総会・懇親会を開催しました

平成30年5月17日(木)神戸第二地方庁舎にて、平成30年度通常総会・懇親会を開催しました。
役員改選、平成29年度事業報告、平成30年度計画を審議致しました。
総会後、海上保安庁の方をまじえて懇親会を行い、有意義な意見交換が出来ました。

 

海上安全パトロールを各地で実施!

ゴールデンウィークに向けて海上安全パトロールを実施致しました。

    

大阪                         高知





通常総会開催案内

(開催要項)

開催日時:平成30年5月17日(木) 16:00〜17:00
開催場所:神戸第二地方合同庁舎 1階会議室   
総会終了後懇親会を行います。(有料)



3月25日(日)「海難防止安全講習会 姫路木場」開催しまし

(於 姫路市木場ヨットハーバー)


「海難防止への対処」「舟艇からの転落防止と防止策」をテーマに海上保安官ほかの講義を受講しました。



 


3月25日(日)「海のサロン 姫路木場」開催しました

(於 姫路市木場ヨットハーバー)

国方成一氏を講師に招き、「役に立つロープワークとロープクラフト」をテーマに参加者全員楽しく学びました。



 



3月24日(土)「海のサロン 神戸」開催しました

(於 神戸海洋博物館)

国方成一氏を講師に招き、「役に立つロープワークとロープクラフト」をテーマに参加者全員楽しく学びました。



講 師 の 国 方 成 一 氏







海難防止安全講習会(姫路)開催のご案内

日時:平成30年3月25日(日)
場所:木場ヨットハーバー

(詳細はこちら)

神戸 姫路木場にて「海のサロン」開催 参加者募集

役に立つロープワーク・ロープクラフトをロープワークの達人が講習いたします。
開催日 神戸:3月24日(土) 姫路木場:3月25日(日)
 


募集案内はこちら 神戸会場 姫路木場会場


2月11日(日)に「海のサロン」が淡輪ヨットハーバーで
開催されました。(掲載2018/2/12)


海のサロンには市民26名の参加を頂き、武田会長をリーダーに
シーマンシップ向上の交流会、信号紅焔などの実演、続いて
岸和田保安署担当官による平成29年海難状況と救命胴着用
ルールの改正についての解説を頂きました。


司会をされる武田正之会長

   
ハーバー外の屋外で信号紅焔の実演     岸和田保安署担当官の講演と解説

 





大阪湾における津波避難ルールの強化について(五管本部より)(掲載 2017/12/15)

南海トラフ巨大地震等により津波警報が発表された場合は海上交通安全法に基づき、明石海峡、友ケ島水道、鳴門海峡に船舶交通の規制(航行禁止)を実施します
詳しくはこちらをクリックしてください



今年海苔網設置のシーズン到来  五管本部からの注意をご覧下さい。(掲載 2017/9/8)


[9月中旬から、兵庫県沿岸海域(神戸市から赤穂市の沖合い、淡路島周辺海域)と播磨灘北東部海域(鹿ノ瀬)、大阪湾中央部において、のり網の設置が始まり、来年5月頃までのり養殖が行われます。そのほか大阪府泉佐野市以南の沿岸部でも養殖が行われます。のり網の周囲及び同施設内には、灯浮標(黄色の灯火)やのり網を固定するためのロープが多数設置され、毎年、乗揚げ事故が発生していることから、特に注意が必要です。乗揚げ防止のため、のり網の設置状況にかかる情報の事前確認をお願いします。」

「のり網に要注意!」の詳細ははコチラ//

⇒ http://www6.kaiho.mlit.go.jp/05kanku/info/nori2017.pdf

「明石海峡付近の設置状況」はコチラ//

⇒ http://www6.kaiho.mlit.go.jp/osakawan/noriyousyoku.pdf

 「兵庫県瀬戸内海全体ののり網漁場図」はコチラ//

⇒ http://www6.kaiho.mlit.go.jp/05kanku/info/nori/nori.html




ひめじマリンフェスティバル2017が開催されました。
(掲載 2017/9/5)

姫路ヨット協会、(公社)神戸海事広報協会、姫路海洋少年団と当協会の共同主催で以下の多彩な
プログラムが実施されました。:妹尾専務理事からの報告を掲載しております。


 29日(土) ユースセイルトレーニング(家島)
 7月30日(日) 海のトライやる ユースセイルトレーニング
 8月 6日(日) 海上保安庁巡視艇体験乗船:
                 この日に予定していたマリンピクニック・サップ体験は台風接近で中止
 

   




最近高齢者の海難事故が増えているとの記事が8月23日の神戸新聞に掲載されました。(掲載 2017/8/23)

記事の中の五管本部、神戸運輸監理部のコメントはこちらをご覧ください。

    

8月22日に実施された加古川海上保安署での小学生の巡視艇乗船体験の記事が
神戸新聞に掲載されました。記事はこちらをクリックしてご覧ください。 (掲載 2017/8/23)




大阪湾から紀伊水道に出るときに通過する友が島水道、この海域でプレジャーボートの海難が多発しています。
和歌山海上保安部がこの海域の海難をまとめた詳細な地図が作成され配布されています。
この地図を、海難をなくするために是非、こちらをクリックしてご活用下さい。(掲載 2017/7/21)


今年も海の「事故ゼロ キャンペーン」が7月16日から31日まで展開されています。
このキャンペーンの一環として、各地の保安部署で海上安全パトロールが実施されています。
7月17日には高知・宿毛保安署、19日には和歌山、22日には高知と姫路、29日は徳島、
8月1日には和歌山県・田辺とそれぞれの地域の海上保安部署と共同で海上安全パトロールが実施されました。
当日の行事の内容は上の
「協会blog」ボタンをクリックしてご覧ください。(掲載 2017/8/2)

平成29年「海の日」国土交通省海事功労者表彰式が7月19日に
神戸のホテルオークラで開催され、当協会からは国土交通大臣賞を、
副会長 植本勝廣氏、指導員 加納孝氏(神戸)、指導員 諏訪禎男氏(西宮)が、
第五管区海上保安本部長賞を指導員 平野進氏(神戸)、指導員 山口宏之氏(神戸)、指導員 福崎博氏(西宮)、
指導員 八塚邦夫氏(西宮)、天野俊夫氏(加古川)が受賞されました。(改訂 2017/7/28)

国土交通大臣表彰状を受け取る植本副会長         五管本部長表彰状を受け取る天野指導員

神戸市では今年、開港150年を記念する多彩な行事が実施されています。
この一環として7月17日に開催されるボート天国は、例年の通り市民の方々に神戸港内の
ミニクルーズを楽しんで頂く行事で,今年は76人が参加されました。
また、これに先立ち10時30分から、当協会と五管本部が共同して落水者の救助デモを
メリケンパーク先端部の東海面で実施されました。(掲載 2017/7/20)



7月16日(日)に大阪港・天保山埠頭で開催されたカッターレースに合わせ、
大阪海上保安監部と共同で安全啓発資料の配布を行ないました。
   


ひきなわ釣り(トローリング)禁止のお知らせ
大阪府環境農林水産部・水産課からのお知らせ、このルールは他の
県でも同様の条約があります。ルールを守って釣りをお楽しみ下さい。
大阪府条例の詳細はこちらをクリックして内容をご確認下さい。(掲載 2017/7/5)


花火のシーズン到来です。
            これから各地で花火大会が開催されますが、海上での花火大会に関するプレジャーボートの
事故は、毎年、あとを絶ちません。
               花火大会観覧に関連する事故は、不慣れな海域を夜間に航行(夜間は周囲の状況が
                 判りづらい)することで、衝突、乗揚げ事故の確率が高くなります。
              また、花火打上場所周辺に多くの観覧船が集まり、花火大会終了と同時に夜間周囲が判りづらい
状況で一斉に帰港するため、進路が交差する等衝突の危険が高なります
船長は、「安全五箇条」で安全な航行を心がけてください「安全五箇条」はここをクリック (掲載 2017/7/5)
7月22日(土)の夜、兵庫県・芦屋浜で花火大会が開催され、
19:15から20:40の間、芦屋浜沖での船舶の航泊が禁止されます。

その詳細は、こちらをクリックしてご確認下さい。(掲載 2017/7/8)

今年も海の「事故ゼロ キャンペーン」が7月16日から31日まで展開されます。このキャンペーンは
この期間だけではなく年間を通じてのキャンペーン、今年も小型船舶の海難防止への具体的なアドバイスが
強調されています。このアドバイスをしっかり守って事故ゼロを達成しましょう。
また、「真夏の事故防止大作戦」については、特に小型船についての具体的な実施を要望する広報資料が
海上保安庁から配布されています。その詳細は
こちらをご覧ください。(掲載 2017/6/28:改訂2017/7/2)




平成24年以来、5年ぶりに第五管区海上保安本部の巡視船艇・航空機による訓練展示が好天に恵まれた6月3日午後に
大阪港・舞洲、夢洲の南西海面で、6月4日の午前に神戸・須磨沖の海域で、ヘリコプターでの漂流者つり上げ救助、(左部を
クリックすると動画が再生されます)
巡視艇での逃走船追跡・捕捉、船舶火災事故消火の放水などが実施されました。
(改訂 2017/6/5)



訓練展示招待客の乗船を待っているせっつ     訓練展示に参加する巡視艇が明石大橋をバックに整列  

事務局長交替のお知らせ (掲載 2017/6/1)
6月1日から、新事務局長として平井 寛が天野俊夫に替り就任致しました。
なお、天野は当面、嘱託として平井を支援し業務を継続致します。


プレジャーボートの海難が増える夏に向かい、例年、海難防止強調運動が実施されます。(掲載 2017/5/31)
今年も「海の事故ゼロキャンペーン」は7月16日から31日までの期間が海難防止強調運動が実施されますが、
今年から「海の事故キャンペーン」運動は年間を通じて「海難ゼロへの願い」をテーマに継続されます。

キャンペーンでの重点事項は、1・小型船舶の海難防止、2・見張りの徹底、
3・ライフジャケットの常時着用など自己救命策の確保です。

  
上の「MyBoatセルフチェックキャンペーン」と「発航前検査チェックリスト」、それぞれの画像を
クリックすると見易いPDFファイルが開き、印刷もできますのでご活用下さい。
キャンペーンの詳細は上のボタン「海に出よう」または「協会blog」をクリックしてご覧下さい。


2017年5月22日(月)15時30分からに平成29年度通常総会が神戸港湾合同庁舎で開催されました。(掲載 2017/5/26)

平成28年度事業報告、平成29年度事業計画、定款の一部の変更などが提案され、総会の承認を頂きました。

それらの詳細はこのトップページ最上段のボタン「協会案内」をクリックし、「協会案内」のページの左横にある
三つのボタンの中央、「情報開示」のボタンをクリックすると次のページが開きます。その中央下部にある
平成29年度総会報告、その下に、順次平成28年度事業報告書、平成28年度正味財産増減計算書などが
順次、掲載されていますので、それぞれのボタンをクリックしてそれぞれの内容をご覧ください。


いよいよ始まるゴールデンウイークに先駆け、堺保安署が4月27日にマリーナ訪問、同じ日に高知保安部では海上パトロール、
大阪保安監部が5月3日に大阪南港魚釣り園と釣具店フィッシングショップTポート訪問の啓発活動を実施しました。(掲載 2017/5/5)



高知保安部のパトロール出発前の集合写真              大阪南港海釣り園                 

第五管区海上保安本部 発表  2017/4/28 15:30 (掲載 2017/5/1)

マリンレジャー活動が活発化するゴールデンウィーク期間中においては、プレジャーボートの
事故の発生率が通常の2倍以上高く、また、釣り中の事故においてもほぼ2倍になります。

期間中の事故ゼロに向けてのポイントは、

★プレジャーボートの運航中は十分な見張りが必要 ⇒適切な見張りによる早期回避行動により事故が減少
★プレジャーボートの出港前には点検が必要 ⇒日ごろからのメンテナンス、発航前の点検の励行により事故が減少
★プレジャーボートの運航中は自船の位置確認が必要 ⇒スマートフォンを利用した海の安全情報を有効活用することにより事故の未然防止
★釣り中のライフジャケット着用  ⇒着用することにより死亡事故が減少

■発航前検査チェックリストはコチラ//
■気象・海象情報(海の安全情報)はコチラ//
■マリンレジャーの安全安心を目指して//


海上保安庁初!海上保安官がマネキンチャレンジで「ライフジャケット着用推進! 徳島海上保安部(掲載 2017/5/1)
海上保安学校の学生音楽隊の演奏するBGMの入った楽しい動画はこちらからご覧下さい。
また、平成29年3月23日に朝日新聞に掲載された新聞記事、下の画像は小さく
表示されていますが、拡大画面のPDFファイルは
コチラからご覧頂けます。


4月15日(土)に神戸市・垂水・マリンピア・さかなの学校で海上安全講習会が開催され、市民23名の参加がありました。(掲載 2017/4/16)
神戸海上保安部・担当官の海上安全についての講義、同じく当協会からの「海難を減らそう」についての講義、漁船保険組合による
プレジャーボート保険の解説、ダイワフィールドテスター辻原伸弥氏の安全なボート釣りのおはなしがありました。

  

瀬戸内海クリーン作戦が実施されました。(掲載・改訂 2017/5/1)
4月30日(日)11時からNPO法人「姫路シーマンズクラブ」が姫路沖の男鹿島・立の浜ビーチで例年のクリーン作戦を実施しました。






関西小型船安全協会はモーターボート、ヨット、遊漁船、瀬渡船等の小型船舶の海難を 防止すると
ともに、運航マナーの向上を図ることにより安全で秩序ある海洋 レクリエーション普及と発展
に寄与し 社会に貢献することを目的に1978年(昭和53年 )3月に設立されました。
2014年(平成26年)4月に公益社団法人に移行し、引き続き上記の活動を行っています。
2017年から上記の安全啓発活動に加え、環境問題への啓発活動として当ホームページ
「環境トピックス」を追加し、随時更新しています。「こちら」をクリックしてご覧ください。

 当協会では、随時会員を募集しています。「入会案内」「入会申込書」をクリックして開きご参照の上、所定事項をご記入頂き、事務局宛メール:kan-shoankyo@crux.ocn.ne.jp またはFAX:0798-39-8805でお送り下さい。
 
                                                              

公益社団法人 関西小型船安全協会