アクセスカウンター
2017年1月23日からアクセス数の表示を始めました。

2017年5月22日(月)15時30分からに平成29年度通常総会が神戸港湾合同庁舎で開催されました。(掲載 2017/5/26)

平成28年度事業報告、平成29年度事業計画、定款の一部の変更などが提案され、総会の承認を頂きました。

それらの詳細はこのトップページ最上段のボタン「協会案内」をクリックし、「協会案内」のページの左横にある
三つのボタンの中央、「情報開示」のボタンをクリックすると次のページが開きます。その中央下部にある
平成29年度総会報告、その下に、順次平成28年度事業報告書、平成28年度正味財産増減計算書などが
順次、掲載されていますので、それぞれのボタンをクリックしてそれぞれの内容をご覧ください。


久しぶりで第五管区海上保安本部の巡視船艇・航空機による訓練展示が6月3日午後に大阪港・舞洲、夢洲の
南西海面で、6月4日の午前に神戸・須磨沖の海域で、ヘリコプターでの漂流者つり上げ救助、
巡視艇での逃走船追跡・補足訓練船舶火災事故想定などが実施されます。(掲載 2017/5/24)



いよいよ始まるゴールデンウイークに先駆け、堺保安署が4月27日にマリーナ訪問、同じ日に高知保安部では海上パトロール、
大阪保安監部が5月3日に大阪南港魚釣り園と釣具店フィッシングショップTポート訪問の啓発活動を実施しました。
(掲載 2017/5/5)

高知保安部のパトロール出発前の集合写真              大阪南港海釣り園                 

第五管区海上保安本部 発表  2017/4/28 15:30 (掲載 2017/5/1)

マリンレジャー活動が活発化するゴールデンウィーク期間中においては、プレジャーボートの
事故の発生率が通常の2倍以上高く、また、釣り中の事故においてもほぼ2倍になります。

期間中の事故ゼロに向けてのポイントは、

★プレジャーボートの運航中は十分な見張りが必要 ⇒適切な見張りによる早期回避行動により事故が減少
★プレジャーボートの出港前には点検が必要 ⇒日ごろからのメンテナンス、発航前の点検の励行により事故が減少
★プレジャーボートの運航中は自船の位置確認が必要 ⇒スマートフォンを利用した海の安全情報を有効活用することにより事故の未然防止
★釣り中のライフジャケット着用  ⇒着用することにより死亡事故が減少

■発航前検査チェックリストはコチラ//
■気象・海象情報(海の安全情報)はコチラ//
■マリンレジャーの安全安心を目指して//


海上保安庁初!海上保安官がマネキンチャレンジで「ライフジャケット着用推進! 徳島海上保安部(掲載 2017/5/1)
海上保安学校の学生音楽隊の演奏するBGMの入った楽しい動画はこちらからご覧下さい。
また、平成29年3月23日に朝日新聞に掲載された新聞記事、下の画像は小さく
表示されていますが、拡大画面のPDFファイルは
コチラからご覧頂けます。


4月15日(土)に神戸市・垂水・マリンピア・さかなの学校で海上安全講習会が開催され、市民23名の参加がありました。(掲載 2017/4/16)
神戸海上保安部・担当官の海上安全についての講義、同じく当協会からの「海難を減らそう」についての講義、漁船保険組合による
プレジャーボート保険の解説、ダイワフィールドテスター辻原伸弥氏の安全なボート釣りのおはなしがありました。

  

瀬戸内海クリーン作戦が実施されました。(掲載・改訂 2017/5/1)
4月30日(日)11時からNPO法人「姫路シーマンズクラブ」が姫路沖の男鹿島・立の浜ビーチで例年のクリーン作戦を実施しました。


恒例の日本財団助成事業の協会行事「海のサロン」が3月12日(日)、11時20分から加古川市文化会館開催され、
山陽沿線ヨットクラブ連絡協議会、NPO法人・高砂海文化21Cのご支援を頂き、大ベテランヨットマン、笹岡耕平氏を講師に
お招きし、テーマ「多様な航海経験から学ぶ小型船運用」、豊富な経験談を50名の参加者が大いに楽しみました。
(掲載 2017/3/13)
   
開会挨拶をされる当協会、妹尾専務理事                 笹岡講師の講演      
参考情報ですが案内の詳細はこちらをクリックしてご覧ください。


恒例の日本財団助成事業の協会行事「海のサロン」が2月19日(日)、14時から姫路ポートセンター2F(姫路港)で
開催され、姫路海上保安部・兵庫県釣連盟のご支援を頂き、著名な釣りジャーナリスト、伊丹章氏を講師にお招きして、テーマ
「太公望 釣り名人から学ぼう」で40名の参加者が楽しい時間を過ごし、海のサロンの新しい展開ができました。
(掲載 2017/2/20)


講師 伊丹章氏と兵庫県釣連盟の山田会長、小野副会長         姫路保安部担当官のスピーチ

小型船船長への第五管区海上保安本部からのお知らせです。(掲載 2016/12/21)
件名: 小型船舶船長さんへの注意喚起
2016/12/16 18:00  第五管区海上保安本部 発表

年末年始の休暇を利用して、プレジャーボートで釣りに出かける機会が増えます。
安全航行のために、「常に十分な見張り」と「早めの避航」を行いましょう。
☆航行上の注意事項☆
○出港前は、「発航前の検査」「気象・海象情報の把握」をしっかりと!
○航行中・びょう泊中を問わず、乗船者の安全確保(救命胴衣の着用)、常に安全な航行(見張りの励行)(気象・海象の変化に注意)を!

■発航前検査はコチラ//
http://www6.kaiho.mlit.go.jp/05kanku/info/hakkoumae-check.pdf
■気象・海象情報(海の安全情報)はコチラ//
http://www6.kaiho.mlit.go.jp/05kanku/kisyou.html
■友ヶ島周辺の情報図はコチラ//
http://www6.kaiho.mlit.go.jp/05kanku/info/tomogashima-anzen.pdf

●詳細情報
http://www7.kaiho.mlit.go.jp/micsmail/dtl/emr/0500_20161216180225431_WE_199_EME.html

●登録内容の変更・解除
http://www7.kaiho.mlit.go.jp/micsmail/reg/touroku.html

提供:海上保安庁

日本セーリング連盟 外洋内海が主催する「のヨットマンの集い」が2016年12月3日に大阪・梅田の「旬穀旬菜」で開催されました。
詳細は「http://jsaf-naikai.jp/publics/index/21/&anchor_link=page21_173_30#page21_173_30」をご覧ください(掲載 2016/12/21)

今年ものり網が設置されるシーズンが到来しました。(掲載 2016/11/8)
毎年、プレジャーボートがのり網に侵入する海難事故が何件か報告されています。


沿岸海面にはのり網のほか、かき養殖いかだ、定置網などの漁具が多数設置されています。
第五管区海上保安本部の安全情報http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KAN5/zyouhouzu/gyogu/gyoguzu.html
兵庫県漁連が公表している詳細な漁具設置http://www.hggyoren.jf-net.ne.jp/www5/noriken/pdf/zentai.pdf
等を参考に、事故のない安全な航海を心がけて下さい。


平成28年10月21,22,23日の3日間、西宮ヨットハーバーでフローテイングボートショーが開催されました。
このショーに五管本部がブースを開設、安全啓発資料を配布するとともに、22,23の2日間
落水者を救助するデモが行われました。
この行事の内容と画像は、上の「海にでよう!」ボタンをクリックし、そのファイルを開いてご確認ください。(掲載 2016/10/22)

「トローリング禁止」との案内を大阪府環境農振水産部・水産課から受領しました。
詳細は上の「協会Blog」を開いてご確認ください。(掲載 2016/10/9)


本年7月から「見張りの実施義務違反」、「発航前の検査義務違反」が行政処分の対象になりました。
また、11月から港則法の一部が改正され、「雑種船」が「汽艇等」として定義され、港内の避航義務が規定されました。
この二つの改正の詳細は、上の「海へ行こう!」または「協会Blog」を開いてご確認ください。(掲載 2016/9/30、修正10/15)


7月27日の午後、恒例の「海と船の体験教室」が神戸市東灘区深江で開催されました。
詳細は上のボタン「協会Blog」を開いてご覧ください。(掲載 2016/7/29)

7月19日にホテルオークラ神戸で「海の日」海事功労者表彰式が行われました。
詳細は上のボタン「協会Blog」を開いてご覧ください。(掲載 2016/7/21)

今年も7月16日から31日までの16日間「海の事故ゼロキャンペーンが実施されました。

小型船、プレジャーボートや漁船の海難が海難件数の中で過半数、今年の推進項目も小型船の海難を
減らすことを念頭に作成されており、これに合わせて各地で安全パトロールなどの行事が実施されています。
安全パトロールは7月16日に田辺・白浜で、17日に高知港周辺と宿毛で、18日に神戸港でのボート天国に合わせて
落水者救助のデモやライフジャケット着用のデモ、22日に和歌山マリーナ周辺で、23日には姫路港で、
28日には神戸カルモマリーナで、31日には南あわじ市松帆のネオビーチデポで開催されます。
それぞれの行事の詳細は上のボタン「協会Blog」を開いてご覧ください。(掲載 2016/7/20)


花火のシーズン到来、毎年、花火見物のプレジャーボートの海難が少なくありません。
詳細は上のボタン「協会Blog」を開いてご覧の上、夜の航海には特にご注意ください。(掲載 2016/7/13)

6月25日(土)に姫路・木場ヨットハーバーで姫路ヨット協会、姫路まちづくり振興機構がSailomg Day 「小中学生初心者ヨット教室」を
開催しました。 あいにくの雨と強い風でしたが参加者全員、元気いっぱいにオプチミスト デインギーで帆走にチャレンジしました。
詳細は追ってブログに掲載の予定です。 (掲載 2016/6/26)

平成28年5月26日に兵庫県民会館で平成28年度通常総会が開催され、平成27
年度事業報告、平成28年度事業計画が審議され、議案の通り、承認されました。

また、監事として山口茂氏に替り、白井政敏氏が新たに選任されました。(掲載 2016/5/31)
詳細は上のボタン「協会blog」 及び「協会案内」をクリックしてご覧ください。(掲載 2016/5/31)

平成28年度事業として4月16日に神戸市・フィッシャリーナ垂水で安全講習会、4月28日に和歌山で海上安全パトロール、
4月29日に大阪で海上安全パトロール、5月2日に高知で海上安全パトロール、5月14日に和歌山で安全行事が実施されました。
詳細は上のボタン 「協会blog」 をクリックしてご覧ください。(掲載 2016/5/12)

昨年から今年にかけて大勢の方々が新たに海上安全指導員として指名され、我々の活動に参加されています。
それぞれの方々のご紹介はこのページトップの「協会Blog」をご覧ください。
(掲載2016/3/3


環境保全活動 : 平成28年度のFRP船リサイクル日程、料金表が日本マリン事業協会から発表されました
古い艇の廃棄をお考えの方はブログを参照の上、手近な取扱い業者など詳細はマリン事業協会窓口、TEL 03-5542-1202 
あるいはFAX 03-5542-1206にお問い合わせください。

このお知らせの詳細情報は上の右から2番目の「協会blog」ボタンをクリックしてブログをご覧下さい。
ブログ中の画像は小さいですが、それをクリックすると画像が拡大表示されます。

公益社団法人 関西小型船安全協会

関西小型船安全協会はモーターボート、ヨット、遊漁船、瀬渡船等の小型船舶の海難を 防止すると ともに、運航マナーの向上を図ることにより安全で秩序ある海洋 レクリエーション普及と発展に寄与し 社会に貢献することを目的に1978年(昭和53年 )3月に
設立され、2014年(平成26年)4月に公益社団法人に移行して引き続き上記の活動を行っています。
2017年から上記の安全啓発活動に加え、環境問題への啓発活動として
「環境トピックス」を追加します。 「こちら」をクリックしてご覧ください。(掲載 2017/3/14)

 当協会では、随時会員を募集しています。「入会案内」「入会申込書」をクリックして開いてご参照の上、所定事項を
ご記入頂き、事務局宛メール kan-shoankyo@crux.ocn.ne.jp またはFAX 0798-39-8805 6616でお送り下さい。
当協会の安全啓発の事業は(公財)日本財団助成金で実施しております。